本文へスキップ

アルミラミネート・プラスチック製品

TEL. 052-589-3522

   〒451-0042 名古屋市西区那古野1丁目15番18号 
那古野ビル南館116号

会社沿革History


会社沿革

1986年3月
トチセン化成工業(株)社ほか4社の出資を得て、資本金1500万円で会社設立
1986年8月
名古屋市西区城西にてトチセン化成工業(株)社の販売代理店として製品を販売開始。 2011年4月その他モーターメーカーS社の射出成型加工部品を納入開始      
1986年9月
建築用コーキング用のPE製カートリッジ・ジャンボ容器をブロー成型にて生産・販売を開始
1988年9月
Y社より家庭用品(フェルト付きタイプのカビ取り剤)としてワンタッチタイプの開発の依頼を受け、同容器を受託生産する
1990年6月
薬品商社のC社の協力を得て、オリジナル品(廃油リサイクルせっけん作り)を商品開発し販売(約2年間で廃油200ml換算で約16万本分の販売を達成し終了)
1997年3月
名古屋市西区枇杷島四丁目に倉庫を移転。名称を白菊倉庫とする。
1998年1月
軽量容器「ノズル付きアルミパック容器」を開発・特許を申請。
湿気硬化型接着剤向けフレキシブルなアルミラミネート容器
「ノズルパックAL」の販売を開始し、ゴミ減量容器として評価を受ける
1998年11月
(財)名古屋市工業技術振興協会・名古屋市工業研究所共催の平成10年度工業技術
グランプリに「ノズルパックAL容器」を出品し「奨励賞」を受賞      
1999年11月
ノズルパック容器が装填できるカートリッジ・アダプターを開発し、特許を申請
2000年3月
同アダプターをH社と特許の相互使用契約を結びカートリッジ・アダプターとして販売開始 
2001年11月
名古屋市西区那古野一丁目「那古野ビル南館116号」を取得
名古屋駅東事務所を開設
2004年1月
1液性変性シリコン接着剤向けに「ノズルパックAL」「インナーパックAL」
容器を 販売開始            
2005年10月
ノズルインサート・パック容器をO社と共同特許として申請・取得し、容器生産と独自販売に関してもO社と相互契約を行い「I‐パックALーI」容器を販売
2006年12月
新規事業開発及び営業のため、PSプロジェクトを社内に設置し発足
2007年6月
受託商品としてプラ板の本格的生産・出荷を始める
2008年6月
ポリエチレン及びポリエステルフィルムの販売を開始する
2008年8月
城西営業事務所を閉鎖し、名古屋駅東事務所に営業を統合する
2009年6月
プラ板のインクジェットタイプの商品開発を開始する
2011年4月
分析業務、水処理分野、その他のアクアケミカル事業の業務に参入
2012年5月
インクジェット・プラ板の生産を開始。PSプロジェクトにて拡販に努める
2013年9月
新規開発テーマが、国の平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金事業の採択を受ける

バナースペース

極東ケミックス株式会社

〒451-0042
名古屋市西区那古野1丁目15番18号 
        那古野ビル南館116号

TEL 052-589-3522
FAX 052-589-3523

きらり水のお問い合わせはこちらへ↓
    TEL
052-569-5368

    
食中毒の予防、インフルエンザなどのウィルス感染対策にきらり水